グルコサミンも助けてくれる体の不調|GOODな栄養しっかり摂取

加工の違い

ジュース

健康的な生活をしていくためには口にいれるものから健康的にしなければいけません。グリーンスムージーはそのために今最も注目されている健康食品で、特にモデルや俳優などの体重コントロールや忙しい毎日の健康管理をしたいという人々に注目されているのです。グリーンスムージーには野菜が他種類入っており、この野菜をジューサーで潰してジュース状にしたものです。最近では粉末状になったものも存在していますので、いちいち野菜を購入して保存しておかなくても良くなっています。しかし、野菜をジューサーで潰すといえばグリーンスムージーとフレッシュな野菜ジュースはどう違うのか疑問に思ってしまう人もいます。粉末状で飲めるのであれば青汁などと違いはあるのかという疑問もありますが、確実にグリーンスムージーとの違いがあるので知っておくと良いです。

加工の仕方が異なるので、グリーンスムージーと野菜ジュースでは飲む目的も異なってきます。グリーンスムージーはまず専用のブレンダーで絞っていることが基準です。そして野菜と果物の比率が決められています。果物が60%では野菜が40%であることがグリーンスムージーの基準なのです。対して野菜ジュースは低速度のジューサーで絞るので熱加熱に弱く、繊維がないという特徴があります。グリーンスムージーには繊維があるので野菜不足に悩んでいる人、美容のために繊維やバランスの良い栄養を取りたい人に最適です。対して青汁は葉野菜中心に作られていてかつ低カロリーなのでダイエットをしている人や高齢の体重制限をしている人に最適です。